HOME>ホットトピックス>将来性のある街になるので価格変動の可能性

昔から栄える

一軒家

千葉県の北部よりにあり国際空港がある中核都市として有名なのが成田市になり、利根川を境に茨城県と隣り合わせになっている土地でもあります。多くの人が住むための水と緑が豊富な土地でもあるために、不動産でも人々が発展する場所として栄えてきた歴史もあります。

住む生活環境

家の模型とお金

東京都からもアクセスが近い成田市で不動産を考える場合には、一戸建ては特に住みやすさが重要になっているといえます。働く会社が東京でも成田市から通っている人も多くいるために、ベッドタウンとしての役割があるので不動産でも相場などが決まっています。

価格が上がる

成田市は地域コミュニティも盛んに行われており、ファミリー層が住むための一戸建て不動産の価値も一定の水準を保っています。新築一戸建てを購入する場合には2700万円台が平均となっており、また築年数が経っている物件に関しても2800万円から3000万円という価値が付いているところもあります。

購入計画を立てる

不動産では中古の一戸建てを成田市で探す場合には、2月と9月に価格が下がる傾向があるので、そのときを狙って物件探しをすることが望ましいです。なるべく価格変動が大きく下がっているときに購入をすることで、大きな出費を抑えることができますし、なによりも査定が大きな指標となります。不動産を購入する場合には計画を立ててどのようにしていくのがいいのか、また税金のことも頭に入れておくことも必要です。